iPhone画面割れは専門業者にすぐに直してもらおう

メンズ

機種にあったものを

男性

善し悪しの見分け方

アイフォン6sを購入した後、何のカバーもつけずにいるという人は少数派です。アイフォン6sだけでなく、ほとんどのスマホは衝撃に弱いため、何らかのカバーをつけておくことで衝撃から守ることができます。カバーには様々なデザインがあるため、着せ替えのように楽しむことも可能です。アイフォン6sのカバーを選ぶときは、まず機種にあったものというのが大前提です。アイフォン6sはほかのアイフォンシリーズと大きく形が変わるわけではないので、アイフォン用のものを選べばよっぽど問題はありません。ですが、間違った種類のものを選んでしまうとつけられなかったり、衝撃吸収性が劣ってしまったりすることがあるので注意しなければなりません。カバーと一口でいっても、素材、デザイン、機能はそれぞれ違います。素材は大きく分けてハードとソフトがあります。ハードタイプは低価格で様々なデザインが楽しめ、軽いというメリットがあります。ソフトタイプはカバー自体のデザインがユニークなものにすることができ、持ったときにすべりにくいというメリットがあります。機能としては、背面のみを覆うもの、液晶も覆う手帳型のもの、防水性や耐衝撃性に優れたもの、バッテリーが内蔵してあるものなどがあります。アクティブに使うのならば防水性や耐衝撃性を重視するのがおすすめですし、液晶の割れが心配な人は手帳型がよいでしょう。自分がどのように使うかでよいものは変わってきます。